地方ライタートツカマコです。

元よそ者京都人フリーライターのトツカマコです。常に全力でお仕事募集中!

『世間の理想のお母さん』こんにちは、さようなら。


もうすぐ末っ子が生後6ヶ月になるもんで、少し前からこどもちゃれんじbabyの案内がやたら届くようになったのね。

早期申し込みで特典が付くとかで「申し込み急げー!」って感じで。

で、こどもちゃれんじ系って案内のセットに必ずと言っていいほど薄い漫画が入ってるやん?

 

『こどもちゃれんじを始めて人生こんなに変わりましたー!』

 

的なストーリーの。

…って、これじゃまるで怪しい宗教やん!

でも大体そんな感じ。(ベネッセさんごめんね〜)

 

f:id:serisier:20161119112232j:image

トツカはそんな漫画が昔からずーーーーーーーーっと好きになれんのよ。

理由は以下の通り。

 

 

うちの長男は発達障害で、今年で10歳になる。

その長男が生後6ヶ月…今の末っ子と同じくらいにこどもちゃれんじを始め、今も小学講座を続けている。

軽度の知的障害もあるため内容的についていけない部分もあるけれど、初めての子ゆえ為になる情報が得られたり、字を書くのが苦手な長男でも学習しやすいタブレット教材だったりで凄く助かっているのですよ、本当に。

ただ、送られてくる漫画は…別世界のファンタジー。

3人産んだ今でも共感とは程遠い。

 

これだけ言っておきながら、ベネッセさんに対して「もっと漫画やコラムの内容を配慮しろー!」なんて言うつもりはさらさらないし、そんなことは微塵も思っていない。

これはただの感想。

同じようにモヤっとしているママたちが「自分だけじゃなかった!」と思えたらそれでいいかな。

 

 

「楽しく子育てできていないのは自分だけじゃないのか?」

「子どもが笑わないのは自分の接し方が悪いからなのか?」

ちゃうちゃう、トツカも一緒やで!

まぁのんびりいこうや。

 

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)