読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方ライタートツカマコです。

元よそ者京都人フリーライターのトツカマコです。常に全力でお仕事募集中!

自然分娩?帝王切開?こっちは生まれる前から命かけてるんだよ、愛着神話で命は守れないんだよ!


出産されたことのある皆さんは自然分娩ですか?

それとも帝王切開ですか?

 

…と質問しておいてなんですが、ぶっちゃけどうでもいいです(笑)。

 

先日とある小学校教諭が授業で「自然分娩の方が愛着を抱きやすい」と発言して問題になりましたよね。

 

 

この手の発言は、今以上に長男を出産した10年前の方がよく耳にしました。

 

「産みの苦しみを味わって母性が芽生えるのよ」

 

なんてよく中高年の方たちから言われていました。

というのも、自閉長男がまだお腹にいる頃、かなりの巨頭であることが発覚したのですよね。

それも臨月に!

それまで逆子でもなかったため自然分娩で出産すると思っていたので、まさか直前で

 

自然分娩?帝王切開?こっちは生まれる前から命かけてるんだよ、愛着神話で命は守れないんだよ!

頭が大きくて骨盤通れません事件

 

「頭が大きすぎて自然分娩が難しいかも…」

 

なんて言われると思っていませんでしたよ!\(^o^)/

 

レントゲンを撮ってギリギリまで考えることになったのですが、ここで予想外のことが起こったのです。

初産のため予定日付近もしくは予定日超過を予想されていたのですが、なんと予定日よりもだいぶ早くに破水して産気づいたのです。

こうなるともう出産するしかないわけですが、頭の中は

 

「普通分娩?帝王切開?私どうなるの?」

 

と、かなりのパニック状態です。

結局週数が早いためギリギリいけると判断され強行突破することになりました。

 

中の人も私も死んでしまいます!

 

けっして難産ではなく、むしろ安産の部類だったそうです。

それでも強行出産は命がけでした。

 

まず案の定頭蓋骨が骨盤に引っかかって、陣痛開始直後から痛みのMAXが出産まで続く状態でした。

お産の進みは早かったのですが骨盤を広げるのに時間がかかっていたのです。

初産で勝手がわからない上に酸欠で酸素マスクされて、MAX陣痛3時間経過したあたりで必死に訴えました。

 

「中の人も私も死んでしまいます。何でもいいから無事に出してあげてください」

 

その直後に突然骨盤を通過し、分娩台に移動中に頭が出るという事件が起こりながらも無事出産に至りました。

分娩所要時間は5時間でした。

 

生まれる前から命をかけてるんだよ!

 

生まれてきた長男は確かに頭が大きく、出産直後は仙人のように長く伸びていて面白かったです(笑)。

因みに今でも学校で一番頭が大きい子らしいです。

 

今では笑い事ですが、あの訴えの直後に骨盤を通過しなければ帝王切開に切り替える予定だったそうです。

 

何が起こるかわからない、お産はそういうものなのです。

その中で母親は無事に生まれてくることだけを願って、医師や助産師さんは無事に生まれるための選択をしてくれるのです。

 

普通分娩だから愛着を抱くとか、他人が、それも産んだことのない男性が軽々しく発言するものではないのですよ。

こっちは生まれる前から命かけてるんだよ!

 

 

f:id:serisier:20170217153015j:plain

 

そんなことで、私は出産方法についてはどうでもいいです。

 

「普通分娩の方が先の見えない陣痛があってしんどい」

「帝王切開の方が産後がしんどい」

 

という母親同士のやり取りも、はいはいお疲れーって感じです。

 

今でも分娩時に急変して無事に生まれることができなかった子や分娩時のトラブルで障害を抱えることになった子は存在しています。

そんな中、無事に生まれること以上に何が必要なのでしょうか?

 

 

出産方法一つで子どもを愛せるか、どんな子に育つかなんて決まるはずなかろう!

 

「産みの苦しみを感じてこそ〜」

 

などという神話語りも程々にしましょうね。