読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方ライタートツカマコです。

京都で発達障害児や乳児を含む3人の子どもを育てるフリーライターのトツカマコです。常に全力でお仕事募集中!

青く光る街、4月2日は世界自閉症啓発デー。


こんにちは、末っ子ヒムコの入園準備が終わらないトツカマコです。

 

皆さん、本日4月2日は何の日か知っていますか?

(書いている間に日付が変わってしまいました〜)

 

『世界自閉症啓発デー』

 

■世界自閉症啓発デーとは

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。

 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。

 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

 引用:http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/

  

この日は啓発活動の一環で街が青くライトアップされるのですよ!

 

現在10歳の自閉症男子を育てているトツカですが、この10年で昔抱いていた自閉症のイメージが大きく変わりました。

 

昔は自閉症って全く喋ることができず、意思の疎通も不可能な障害だと思っていました。

おそらくテレビ番組などでそうした症状の方を見たせいだと思います。

実際はそのような方もいれば、そうでない方も大勢いらっしゃいます。

 

かくいうわが家の長男も、知的障害のある自閉症ですが喋ることはできますし感情も大変豊かです。

面白い話をすれば笑いますし、悲しい話を聞けば涙を流します。

言われなければ殆どの方が障害に気が付かないと思います。

 

そんな自閉症児を持つ私がよく言われることなのですが

 

「全然障害があるように見えない」

「ぱっと見わからないほど軽度で良かったじゃない」

「言われなければわからないんだから障害があることを隠していたらいいじゃない」

 

自閉症だけでなく目に見えない障害を持つ当事者やご家族は同じようなことを耳にしたことがあるかと思います。

皆さんけっして悪気はなく、むしろ好意的な気持ちで言ってくださっているのです。

しかし、どうしても素直に喜ぶことができません。

何故ならば、目に見えないなりの辛さを知っているから。

 

「目立っていなければ軽度」

「障害を知られないことが幸せ」

 

それは違うのです。

目に見えてわからないからこそ、気付かれないからこそ、日々静かに苦しんでいるのです。

誰にも気付かれない彼らだけが見ている世界の中で、当事者ではない私たちにはわからない戦いを繰り広げているのです。

 

だからこそ知ってもらいたい。

この広い世界の中で、目に見えない苦しみを抱えている方たちが大勢いることを。

そしてそのことを理解し、本当の意味で平等に尊重し合える関係を築いてほしいと願っています。

 

f:id:serisier:20170403022301j:plain

 

世界自閉症啓発デーは本日だけですが、4月8日までは発達障害啓発週間なので、街が青く光るこの機会に是非、目に見えない障害を知っていただけたらと思います。

そして、可能であれば毎年4月2日はお出かけの際青いものを身につけていただきたいです。

 

優しさ溢れる青い光が、人と人を繋ぎますように。