地方ライタートツカマコです。

元よそ者京都人フリーライターのトツカマコです。常に全力でお仕事募集中!

「乳児にはちみつはNG」でクックパッドが批判される現代の闇。


こんにちは、マイはちみつを常備しているトツカマコです。

 

先日乳児にはちみつを食べさせたことで死亡した件で、レシピ投稿サイトのクックパッドが批判されているようですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

クックパッドには離乳食にはちみつが使われているレシピの他、生肉を使用したレシピなどが投稿されています。

私もニュースになる前に偶然目にしたことがありますが

 

「へー、勇気ある人もいるのね」

 

と思っていました。

そう、それを見て自分も作ろうなんてことは思いませんでした。

それは他のレシピを見たときも同じで、それを作るかどうかを決めるのは自分なのです。

 

「常識」は時に危うい

 

乳児にはちみつを与えたことで亡くなったニュースを見て、多くの方が

 

「乳児にはちみつを与えないのは常識だろ」

「子育てしていてそんなことも知らないなんてありえない」

 

そのような反応でした。

確かに乳児にはちみつを与えないのは常識かもしれません。

3人の子どもを育てている私も長男の頃から認識していました。

(どこで知ったかは覚えていませんが)

 

ただ、「乳児にはちみつはNG」な理由を言える方は少ないように感じます。

 

192abc.com

 

ボツリヌス菌による感染症…乳児ボツリヌス症を引き起こすと危険なため乳児にはちみつを与えないように言われているのですが、単純に

 

「赤ちゃんにはちみつはダメだと聞いたから与えていない」

 

という方がほとんどなのですよね。

少なくとも私の周りでは。

ただ、そんな方が

 

「赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのは常識!」

 

と言っているのを聞くと、物凄くもやっとするのです。

 

 

結果的には正しい選択ではあるのですが「なぜ与えてはいけないのだろう」と疑問を持つことなく「そう書かれていたから(聞いたから)それが正しい」という思考で「世間一般の常識」として語ってしまうことが、私はとても危ういことだと感じるのです。

 

そしてその思考が「クックパッド叩き」に繋がったのではないかと思うのです。

 

考えろよ!!

 

クックパッドは一般ユーザーが投稿する性質から良いレシピも悪いレシピもあるものだと思うのです。

それがメリットでもありデメリットでもある。

その中から自分が必要なレシピを探して活用する。

自分はそのようにして楽しく利用させてもらっています。

 

「掲載されているレシピが必ず美味しいはず!」

 

と思って皆さん作るのですか?

そんなことはないですよね。

 

自分の苦手な食材やアレルギーが出る食材が使われているものは避けますし、その中で美味しそうなものや作りやすそうなものを選ぶと思います。

 

「はちみつ入りの離乳食レシピ」を探すときも同じだと思うのです。

 

「離乳食」と言っても1歳を過ぎた子ども用に考えられたレシピも多く存在します。

(ゆっくりな子は1歳を過ぎてもまだ「離乳食」を食べています)

レシピには「自己責任で」と書かれてありますし、その自己責任って「自分の子どもの月齢や体質を考えて与えるか決めてください」ということだと思うのです。

だからね、レシピを批判するのではなく…

 

考えろよ!! 

 

と言いたい。

 

現代人に欠けているのは「常識力」ではなく「自分で調べて考えて判断する力」

 

これは「乳児にはちみつはNG」の話だけではありません。

 

 

物事の本質を見ようとせず目に入った情報だけで判断しがちなこと、実は多くありませんか?

 

「本(新聞や週刊誌含む)にこう書かれていたから正しいに違いない」

「周りのママたちがみんな言っているから正しいに違いない」

「昔から実家でそうしてきたから正しいに違いない」

 

それがある時「常識」や「みんな知っていて当然のこと」に変わるのです。

 

この、赤ちゃんにはちみつを与えて死なせてしまったお母さん。

もしかしたらこのお母さんの周りでは「赤ちゃんにはちみつを与えること」が常識だったのかもしれません。

 

信じられないことだと思いますか?

 

逆に私たちが今常識だと思ってやっていることが、数年後は「実は危険なことだった」と言われるかもしれませんよ。

赤ちゃんのうつ伏せ寝のように。

 

だからこそ、情報に振り回されず「自分で調べて考えて判断する力」が大切になってくるのです。

そうして出した答えが必ず正解ではなくても、行動に責任を持つ意識がより正解に近づけるのではないかと思います。

 

f:id:serisier:20170413130423j:plain

 

生きていると様々な情報が目や耳から入ってきます。

その中には正しい情報もあればそうでない情報もたくさんあります。

 

自分のためにも周りのためにも、情報に流されるのではなく情報の本質を見ることを心がけましょうね。